製品名SwitchBotキータッチパッド
ブランド名SwitchBot
商品画像
商品説明SwitchBotロックのと連携して、暗証番号、指紋認証、カードキーでロックが解除できるようになる神デバイス。NFCタグやApple Watch、アプリによる施錠/解錠よりも圧倒的に楽になります。
レビュー(5)

スマートホーム

【SwitchBotキーパッドタッチレビュー】指紋認証&暗証番号&カードキー対応でスマートロックをより便利にする神デバイス

今回レビューするのは、「SwitchBotキーパッドタッチ」。

SwitchBotキーパッドタッチ

SwitchBotキーパッドタッチ

以前紹介した「SwitchBotロック」と連携して使用するデバイスで、暗証番号や指紋認証、カードキーによるロック解除が可能になるスマートロックの拡張デバイスです。

こちらもCHECK

低価格で高機能なスマートロック「SwitchBotロック」
SwitchBotロックレビュー。低価格で高機能なスマートロック

続きを見る

この記事では、SwitchBotキーパッドタッチの実機レビューとともに、スペックや機能、実際に使ってみた感想を紹介していきます。

SwitchBotロックユーザで、購入を考えている人の参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の内容を動画でチェック!

SwitchBot製品レビュー

僕がSwitchBotキーパッドタッチを購入した2つの理由

はじめに、僕がSwitchBotキーパッドタッチを購入した理由を紹介します。

指紋認証による解錠が魅力的

指紋認証で解錠が簡単

指紋認証で解錠が簡単

SwitchBotキーパッドタッチの最大の魅力は、指紋認証に対応していること。

アプリやNFCタグでロックを解錠することはできますが、スマホを取り出す手間や読み取りまでの時間がかかっていまいます。

でも指紋認証であれば、指をかざすだけで解錠できるため圧倒的に楽

パスコードを覚える必要もないので、僕みたいな面倒くさがりの人には最適なデバイスだと思いました。

家族で共有しやすい

物理的な鍵は家族分用意する必要がありますが、SwitchBotキーパッドタッチであれば一つのパスコードを共有するだけで家族全員が簡単に使えます。

アプリで共有できる

アプリで共有できる

アプリで共有することもできますが、家族全員のアカウントを作成してスマホに設定する必要があるので結構面倒。

キーパッドタッチなら指紋を複数登録することもできるので、持ち主自身のスマホに家族全員のスマホを設定するだけでみんなで使えるので非常に便利だと思いました。

Nacchi
家族全員スマホに疎いので、4人分のアプリをダウンロードして設定するのが面倒だったんですよね…

SwitchBotキーパッドとキーパッドタッチの違い

SwitchBotキーパッドタッチには、見た目が非常によく似たキーパッドがあります。

SwitchBotキーパッド SwitchBotキーパッドタッチ
暗証番号
カードキー
指紋認証

両者の違いは、指紋認証機能の有無で、それ以外に機能的な違いはありません。

価格差が約3,000円もあるので、指紋認証が必要かどうかで選びましょう。

Nacchi
指紋認証がめちゃめちゃ便利なので、個人的にはキーパッドタッチのほうが断然おすすめです。

SwitchBotキーパッドタッチのスペック&機能

対応OS Android5.0以上/iOS11.0以上
動作環境 -25 ℃〜66 ℃
動作範囲 ロックから5m以内
防塵防水性能 IP65
サイズ 38×36×112mm
重さ 118g(電池含む)
電池 CR123A×2
電池の持ち 約2年

SwitchBotキーパッドタッチはBluetoothでSwitchBotロックに接続して施錠と解錠を行いますが、その有効範囲は5m以内

ほとんどの人がドアの真横に取り付けると思うので、その点は気にする必要はないでしょう。

屋外での利用も想定されているためIP65の防塵防水性能があり、雨に濡れるような場所でも利用できます

肝心なバッテリーの持ちですが、商品詳細ページに以下の記述があります。

1日1人あたり3回ロックを解除する場合、3人家族で2年間使用可能。

>公式サイトより引用

施錠について触れられていないのが気になりますが、2年使えるのはすごいですよね。

つまり単純計算するとこういった式が成り立ちます。

  • 3回×3人=9回/日
  • 9回×(365日×2年)=6,570回

家族構成や使用頻度によって電池の持ちは変わってくるので、6,570回をあなたの環境に合わせて計算してみると、電池がどれくらい持つかある程度想定できると思います。

SwitchBotロックと同じCR123A電池なので、僕はPanasonicの4本セットをAmazonで購入して使っています。

設定できるパスコードは【最大100個】

パスコード

SwitchBotキーパッドタッチには、常に有効なパスコード、ワンタイムパスコード、期限付きパスコード、緊急パスコードの4種類のパスコードが設定可能です。

有効期限 最大登録数
常に有効パスコード なし 90個
ワンタイムパスコード 1回のみ 90個
期限付きパスコード 設定した期間 90個
緊急パスコード(※1) なし 10個

メモ

※1 SwitchBotハブミニ必須

それぞれのパスコードの違いは、有効期限と登録可能な数。全体で登録可能なパスコードは最大100個までとなっています。

緊急パスコードを使用した場合のみ、登録しているメールアドレスにメールが送信されるため、SOSを伝える手段として使えそうです。

緊急パスコード使用時に送信されるメール

緊急パスコード使用時に送信されるメール

施錠、解錠履歴が確認可能

施錠、解錠履歴が確認可能

どのパスコードを使って解錠したか履歴で確認できるので、簡易的な入退室管理も可能。

ただし、多くのパスコード管理するのは大変なので、必要以上にパスコードを増やさないように運用したほうがいいと思います。

登録できる指紋は【最大100個】

指紋認証

SwitchBotキーパッドタッチに登録できる指紋は、常に有効な指紋と緊急指紋の2種類。

有効期限 最大登録数
常に有効な指紋 なし 90個
緊急指紋(※1) なし 10個

メモ

メモ

※1 SwitchBotハブミニ必須

両者の違いは、パスコード同様に使用した際のメール送信の有無です。

パスコードは漏洩すると不正アクセスされる危険性がありますが、指紋はその可能性が低いのでたくさん登録できるのはありがたいですよね。

自宅で使う場合は家族全員。小さな職場であれば社員全員のものを登録することで鍵が不要になります♪

登録できるカードキーは【最大100枚】

SwitchBot NFCカード

SwitchBot NFCカード

SwitchBotキーパッドタッチに登録できるカードキーの数は、最大100枚まで。

指紋のように本人がいなくてもNFCカードさえあれば自由に登録ができるため、大勢の人に解錠する権限を与えたい会社などでの利用におすすめ。

パスコードを忘れてしまいがちなお年寄りや子供にも、鍵をもたせるよりこちらのほうが安全です。

ちなみに、登録できるNFCカードはSwitchBotのNFCカードのみ。他社製のもやクレジットカードのNFC機能は使えないのでそこはちょっと残念…

SwitchBotキーパッドタッチの同梱物

SwitchBotキーパッドタッチの同梱物

SwitchBotキーパッドタッチの同梱物

  • SwitchBotキーパッドタッチ本体
  • SwitchBotカード
  • 取り付け金具
  • 型紙シール
  • 両面テープ
  • ゴムリング
  • 取り付け用ネジセット
  • 取り外しピン
  • セパレータ
  • クリーニングティッシュ
  • 乾電池:CR123A×2個
  • 取扱説明書
  • SNS情報カード

SwitchBotキーパッドタッチの同梱物はこんな感じ。

取り付けと取り外しに必要な部品が含まれていますが、プラスドライバーが含まれていないため、壁にネジ止めする場合はプラスドライバーを別途用意しましょう

Nacchi
NFCカードキーが付属されているのはナイスです♪

説明書を万が一紛失した場合は、公式サイトからPDF版がダウンロードできます。

SwitchBotキーパッドタッチ実機レビュー

前置きが長くなりましたが、SwitchBotキーパッドタッチの実機を確認していきましょう。

SwitchBotキーパッドタッチの正面

SwitchBotキーパッドタッチの正面

SwitchBotのカラーバリエーションはブラックのみ。

正面から見ると縦長で、小さなテレビのリモコンみたいな形状をしています。

SwitchBotキーパッドタッチ:真横

SwitchBotキーパッドタッチ:真横

SwitchBotキーパッドタッチ:背面

SwitchBotキーパッドタッチ:背面

正面から見ただけだとわかりませんが、真横から見るとボタンが付いている麺が斜めになっていることがわかります。

この微妙な角度は、おそらくボタン操作をしやすいように配慮されているのでしょう。

表面はマットな仕様

表面はマットな仕様

表面は全体的にマットで、指紋が目立ちづらい仕様になっています。

防塵防滴IP65のため、ボタンの周りにも隙間がなく、屋外に設置した場合でも雨で濡れて簡単に壊れることはありません。

「3,4,5,6」の中心にあるアイコンの部分がNFCを読み取る部分で、ここにSwitchBotNFCカードをかざすことで解錠ができます。

本体下部に指紋検知エリア

本体下部に指紋検知エリア

iPhoneのホームボタンのような部分が指紋検知エリアになっていて、ここに指をかざすことで指紋認証による解錠ができます。

防水なのでこの部分も濡れてしまっても大丈夫ですが、濡れている状態だと指紋認証に失敗することがあります。

SwitchBotキーパッドタッチ:底面

SwitchBotキーパッドタッチ:底面

本体底面には技適マークなどのが刻印されています。

中心から少し下にある小さな穴は、ネジ止めした際の取り外しに使用する専用の穴。

電池カバーの取り外しはセパレータが必要

電池カバーの取り外しはセパレータが必要

背面には電池ホルダーがありますが、カバーは爪で引っ掛けても簡単に取れないため、付属のセパレータを使う必要があります。

セパレータを引っ掛けてカバーを起こす

セパレータを引っ掛けてカバーを起こす

指でカバーを剥がす

指でカバーを剥がす

初見だと取り外しが難しいと感じましたが、一回やるとすぐになれました。

おそらく防水による仕様でカバーをキツめに作ってあるのでしょう。

電源はCR123A×2個

電源はCR123A×2個

スペックの部分でも触れましたが、電源はあまりみかけないCR123A電池2個。

これで約2年もつのはやっぱりコスパが良いですね。

ボタンがバックライトで光る

ボタンがバックライトで光る

いずれかのボタンを押すとバックライトが光るので、暗い場所や夜帰宅した際の使用でも困りません。

ちなみアプリの設定でバックライトをオフにすることも可能。

Nacchi
暗闇で光るのでかっこいい!と思ったんですけど、指紋で解錠するので僕あまり恩恵を受けていません笑

SwitchBotキーパッドタッチの設定方法

続いて設定方法を見ていきましょう。

Nacchi
キーパッドタッチを設置してからこの手順を行うことも可能ですが、通信がうまくできず解錠できない場合もあるので、設定が完了してから設置するのがおすすめ。

設定は全てスマホのSwitchBotアプリで行います。

右上の+をタップ

右上の+をタップ

キーパッドタッチをタップ

キーパッドタッチをタップ

キーパッドタッチに名前をつける

キーパッドタッチに名前をつける

SwitchBotアプリのホーム画面の右上の「+」ボタンをタップし、その中からキーパッドタッチを選択。

施錠・確認ボタンを2秒押す

施錠・確認ボタンを2秒押す

施錠・確認ボタンを押す

施錠・確認ボタンを押す

アプリの指示に従って、キーパッドタッチとの施錠・確認ボタンを同時に2秒長押しして、ランプが緑に点滅したらアプリの「次へ」をタップします。

登録するロックを選択

登録するロックを選択

ロックと接続中

ロックと接続中

仮パスコードで解錠テスト

仮パスコードで解錠テスト

 

キーパッドタッチで解錠するSwitchBotロックを選択し「次へ」をタップすると、ロックへ接続されます。

その後画面に表示された仮パスコードを入力し、解錠できれば設定は完了です。

SwitchBotハブミニに登録

SwitchBotのハブミニがあれば接続することをおすすめします。

ハブミニを接続

ハブミニを接続

接続したハブミニが表示される

接続したハブミニが表示される

ハブミニに接続することで、緊急パスコードや緊急指紋を利用した際に、登録したメールアドレスでメールが受け取れたり、Wi-Fi経由でパスコードの追加などリモートによる操作ができるようになります。

パスコード、指紋、NFCカードの登録方法

パスコード、指紋、NFCカードのいれずれも殆ど同じ手順で登録できます。

キーパッドタッチの下部の+ボタンをタップ

キーパッドタッチの下部の+ボタンをタップ

パスコードの種類を選ぶ

パスコードの種類を選ぶ

SwitchBotアプリのキーパッドタッチの画面の下にある「+」ボタンをタップし、登録したい種類のパスコード、指紋、NFCカードを選びます。

期限付きパスコードの設定画面

期限付きパスコードの設定画面

指紋認証の登録画面

指紋認証の登録画面

期限付きのものは期限を設定し、パスコードを入力、指紋はスマホの指紋認証登録のようにするだけで登録は完了です。

SwitchBotキーパッドタッチの設置方法

キーパッドタッチを設置する方法は以下の2種類があります。

  • ネジ止めする方法
  • 両面テープで固定する方法

ネジ止めのメリット○

  • しっかり固定できる
  • 盗難されにくい
  • 盗難防止アラームが使える

ネジ止めのデメリット✗

  • 壁に穴をあける必要がある
  • 設置が少し大変

両面テープのメリット○

  • 設置が簡単

両面テープのデメリット✗

  • 落下の可能性がある
  • 盗難されやすい
  • 盗難防止アラームが機能しない

推奨されているのはネジ止めする方法ですが、どちらの方法も一長一短があります。

持ち家であれば問題なくネジ止めできますが、賃貸の場合は壁に穴をを開けられないため、殆どの場合が両面テープでの設置になるでしょう。

3Dプリンター作った専用ケース

3Dプリンター作った専用ケース

ちょうど良いサイズ感

ちょうど良いサイズ感

窓のフレームにネジ止め

窓のフレームにネジ止め

僕も例外ではなく賃貸に住んでいるので両面テープでの設置を考えましたが、湿気が多く台風や雨にさらされて落下することが目に見えていたので、3Dプリンターでオリジナルのケースを作ってネジ止めしています。

Nacchi

こうすることで落下の心配はなくなり、塩害や暴風によって壊れる可能性も少なく、両面テープで止めるよりは安全だと思っています♪

ネジ止めの流れも簡単に紹介しておきますね。

取り付け方法の選択

取り付け方法の選択

ネジ止めに必要な工具類

ネジ止めに必要な工具類

シールで目印をつける

シールで目印をつける

ドリルで壁に穴をあける

ドリルで壁に穴をあける

取り付け金具をネジ止め

取り付け金具をネジ止め

キーパッドタッチを取り付ける

キーパッドタッチを取り付ける

SwitchBotキーパッドタッチを実際に使ってみた感想

ここからは、僕が実際にSwitchBotキーパッドタッチを使ってみた感想を、良い点と不満な点を含めて紹介します。

指紋認証による解錠が便利すぎる

指紋解錠が便利すぎる

指紋解錠が便利すぎる

キーパッドタッチを導入して一番良かったことは、SwitchBotロックが指紋で解錠できるようになったこと。

指をかざすだけでワンタッチで解錠できるので、荷物で片手がふさがっている場合でも簡単に解錠できてめちゃめちゃ便利!

アプリやNFCタグで解錠するよりも圧倒的に楽なので、かなり気に入っています♪

ワンタッチで施錠できるのもナイス

施錠ボタンが付いているので施錠ボタンワンタッチで超簡単。

これまではスマホでNFCタグを読み取って施錠していたため、ポケットからスマホを取り出す手間や、NFCタグをうまく読み取れず施錠に時間がかかりイライラすることがありましたが、キーパッドタッチを導入することでこの煩わしさから完全に開放されました

民泊や家事代行サービスに重宝しそう

複数のパスコードを登録できるのが便利

複数のパスコードを登録できるのが便利

ワンタイムパスコードや、期間限定パスコードを複数設定できるのがかなり便利。

民泊を運営している人は鍵の受け渡しにキーボックスを利用しているかと思いますが、鍵紛失の問題は避けられません。

キーパッドタッチなら物理的な鍵を渡す必要がなく、お客さんが宿泊している期間だけ有効なパスコードを発行してあげるだけで、鍵の受け渡しが不要になります

家事代行サービスを利用している人にも同様のことが言えるため、工夫次第でいろんな使い方ができると思います。

盗難防止アラートで意外と安心

小さくて軽いので、外し方を知っている人には簡単に持ち去られてしまうのがキーパッドタッチのデメリット。

爪で金具が止まっている状態

爪で金具が止まっている状態

取り外し品で爪が隠れる

取り外し品で爪が隠れる

本体底面にある小さな穴にピンを差し込むと爪が沈み、取付金具から取り外せるため、安全ピンやペーパークリップを使って簡単に取り外されてしまいます。

アラームが鳴り続ける

アラームが鳴り続ける

ただし、SwitchBotアプリに登録済みにキーパッドタッチであれば金具から取り外した直後にアラームが鳴り始め、指紋やパスコード、NFCカードキーで解錠するまで、アラームは鳴り止みません。

電池を抜くとアラームは鳴り止みますが、電池を入れ直すと再度アラームが鳴り響くため、詳し人で無い限り持ち去ったとしても再利用することは難しいでしょう。

防水だけど濡れると指紋認証が失敗しやすい

IP65の防塵防水なので、屋外で雨を気にせず設置できることは確かですが、タッチパッドが濡れていると指紋認証に失敗しやすいです。

タッチパッドが濡れていると…

タッチパッドが濡れていると…

指紋を正しく読み取れない

指紋を正しく読み取れない

布などで水滴を拭き取れば動作するので問題はありませんが、雨が降り続いている環境での指紋解錠は難しいかもしれません。

Nacchi
どうしても指紋解錠をしたい場合は、僕みたいなカバーを自作することをおすすめします♪

SwitchBotキーパッドタッチを安く購入する方法

SwitchBotキーパッドタッチを1番お得に購入する方法は、SwitchBotロックとのセット購入することです。

ロック単体は9,980円

ロック単体は9,980円

キーパッドタッチ単体は7,980円

キーパッドタッチ単体は7,980円

SwitchBotロックの単価は9,980円でキーパッドタッチは7,980円。

別々に購入すると

9,980円+7,980円=17,960円

別々に購入した場合、17,960円になります。

でも、SwitchBotロックとのセット販売の価格は…14,980円

ロックとセットなら、14,980円

ロックとセットなら、14,980円

別々に購入すると

17,960円ー14,980円=2,980円

なんと、セット購入するだけで2,980円もお得です!

Nacchi
めちゃめちゃ太っ腹というか価格設定バグっている気がするw

さらに、Amazonプライムデーやタイムセールで対象になった場合は、更に安くなる可能性があるので、公式サイトとAmazonどちらかでセールをしていないか確認してから購入しましょう!

まとめ

  • SwitchBotキーパッドタッチは、指紋、パスコード、カードキー認証でSwitchBotロックを解錠できる神デバイス
  • 電池の持ちは約2年間
  • 最大100個のパスコード、指紋、NFCカードを登録可能
  • IP65の防塵防水に対応しているた、濡れていると指紋認証に失敗する

今回は、SwitchBotキーパッドタッチを紹介しました。

取り付け環境を選ぶものの、指紋認証でロックが解錠できるのは本当に便利!

パスコード、指紋、カードキーと解錠方法が多いため、自宅で利用する人だけでなく、小さな会社やお店、民泊を運営している経営者などにもおすすめの神デバイスだと思います。

他社製のスマートロックと比べてもリーズナブルで、導入しやすいと思うので、SwitchBotロックユーザは購入を検討してみてください。

-スマートホーム
-

© 2022 なちブガジェット Powered by AFFINGER5