RAVPOWER RP-PC128レビュー

USB充電器

RAVPOWER RP-PC128レビュー。最大90W、USB-Cポートx2でコスパ抜群の急速充電器

どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

前回、RAVPOWERの急速充電器RP-PC133を紹介しました。

こちらもCHECK

RAVPOWER USB-C急速充電器 RP-PC133レビュー。最大65W小型でMBPとiPhoneが同時に充電できるスグレモノ

続きを見る

USB-AとUSB-Cの2ポート搭載で出力も十分。

めちゃめちゃ気に入っている製品ですが、USB-Aポートをほとんど使わないことに気づきましたw

ということで、前から気になっていたUSB-Cポートを2つ搭載している「RP-PC128」を購入しました。

RP-PC128の画像1

RP-PC128の画像1

使い始めて1ヶ月半くらい経過したので、実際に使ってみた感想やRP-PC133との比較を紹介していきます。

この記事の内容を動画でチェック!

その他のUSB充電器レビュー

RAVPOWER RP-PC128レビュー

USB充電器

2021/3/8

USB充電器

2021/3/8

RP-PC128の同梱物とスペック

まずは、RP-PC128を購入した際についてくる付属品とスペックをみていきましょう。

RP-PC128の付属品

RP-PC128の同梱物 RP-PC128本体
USB-Cケーブル
保証書
説明症

前回紹介したRP-PC133は付属品がありませんでしたが、RP-PC128にはUSB-Cケーブルが1本付属されています。

ケーブルが余分にあることで、純正の充電器ーとケーブルは自宅に常時おいておき、自宅では純正を使い、外出時はRP-PC128を持ち出すという使い方が可能です。

Nacchi
充電器が一つしかないと、外出時に毎回コードをまとめるのが意外と面倒なんですよね

サイズと重量

RP-PC128と純正充電器のサイズ比較

RP-PC128と純正充電器のサイズ比較

RP-PC128 MBP13純正
サイズ 約 65 x 65 x 32mm 約 74 x 74 x 28 mm
重量 約 195g 約 201g
出力 90W 61W

Macbook Pro 13インチのアップル純正の充電器と比較すると、少しだけ小さいといったサイズ感。重量もほとんど変わりません。

大きさも重さもあまり変わらないんなら、わざわざ買う意味なくない?

こんな疑問が浮かんできますが、出力とポートの数。つまり充電能力に差があります。

充電能力

RP-PC128のポート

RP-PC128のポート

USB-Cポート PD3.0対応 最大90W ×2

RP-PC128には、Power Delivery3.0に対応したUSB-Cポートが2つ搭載されていて、最大90Wの出力給電が可能。

ハイパワーの出力のため、Macbook Pro 15インチ(2018)が約102分で満充電できるとのこと。

ポイント

Macbook Pro15インチの純正充電器の出力は、87W

ちなみに、Macbook Pro16インチは96Wの出力が必要なので、若干パワーが足りませんが、充電速度が落ちるだけで充電は可能です。

Nacchi
こんなにハイパワーなのに、小型っていうのは嬉しいですよね

同時充電の場合は、60W以下に制限される

出力についての注意点としては、1つのポートを使用した場合のみ最大90Wの出力が可能で、2つのポートを同時に利用した場合は、60W以下に制限されます。

出力はデバイスの種類によって自動で分配され、60W+30W。または、45W+45W。

自動で判断してくれるので、あれこれ考えて接続する必要はなく、大型のノートパソコン等を急速充電したいときは1ポートのみを利用し、充電速度を気にしない場合は、同時充電するといった使い方で問題ありません。

ちなみに、僕が使っているMacbook Pro13インチは、60Wで給電できるので、iPhoneと同時に給電しても、どちらも急速充電が可能です\(^o^)/

RP-PC133とRP-PC128の比較

RP-PC133とRP-PC128の比較

RP-PC133とRP-PC128の比較

RP-PC133 RP-PC128
サイズ 約 55 x 55 x 31.5 mm 約 65 x 65 x 32mm
重量 約 120g 約 195g
出力 PD3.0対応 最大65W PD3.0対応 最大90W ×2
ポート USB-A×1

USB-C×1

USB-C ×2

並べて比較すると大きさが歴然ですが、RP-PC133の方が圧倒的に小さくて軽いので持ち運びには適しています。

ただし、出力が小さく、USB-Cポートが一つしかないので、最新のMacbookとiPhoneを充電する際には、UAB-A to USB-Cの変換ケーブルを利用する必要があります。

USB-Aポートが必要ならRP-PC133、そうでなければRP-PC128がおすすめ

両方の製品を使ってみた僕の率直な感想ですが、純正に比べるとどちらも小型で同時充電ができるのでめちゃくちゃ便利。

決め手となるのは、USB-Aのポートが必要も有無。

僕はiPhone8と前の世代のiPad Proを所有しているので、USB-Aが必須だと思ってRP-PC133を最初に購入しました。

ただ、有線テザリングをするために、「USB-C to Lightning ケーブル」を購入してしまったため、USB-Aを利用する機会がなくなったことに気がつきました。

Nacchi
なぜ買う前に気づかなかったのか・・・orz

そのため、今ではUSB-Cポートを2つ備えているRP-PC128を常時持ち歩いて使用しています。

なので、僕のようにUSB-Aポートが不要な人ならRP-PC128がおすすめ。

一方で、ケーブルは買い足したくない。USB-Aポートは必須。

またはできるだけ小型で軽量のものが良いという人であれば、RP-PC133の方がおすすめです。

まとめ

  • RP-PC128は、Apple純正の充電器より小型で軽量かつパワフルな急速充電器
  • USB-CポートのみでOKな人は、RP-PC128がおすすめ
  • USB-Aポートが必要。または、より小型で軽量なものが欲しいならRP-PC133がおすすめ

今回は、RAVPOWERのRP-PC128RP-PC133を紹介しました。

出力とポートの種類に違いがあるので、一概にどちらがいいとは言いづらいですが、上記で紹介したように利用方法にあったものを選ぶのがベストな選択と言えるでしょう。

個人的には、Macbook Pro13インチ以上のサイズのノートパソコンを使う予定がいないので、

  • 小型で軽量
  • 最大60WでUSB-Cポート×2

この2つの条件が揃った急速充電器があれば最高だなと思います。

Nacchi
もしかしたらあるのかな・・・探してみよ〜♪

それでは今回はこのへんで\(^o^)/

-USB充電器
-

© 2021 なちブガジェット Powered by AFFINGER5