小型で持ち運びに便利なAppleWatch「PITAKA Power Dongle for AppleWatch」
製品名Power Dongle for Apple Watch
ブランド名PITAKA
商品画像
商品説明MacbookやiPad、モバイルバッテリーに直接接続してAppleWatchが充電できるAppleWatch用充電器。ケーブル不要で省スペースなのがGood。
レビュー(4.5)

スマートウォッチ

PITAKA Power Dongle for Apple Watchレビュー。旅行に最適なAppleWatch充電器

今回レビューするのは、PITAKAのAppleWatch充電器「Power Dongle for Apple Watch」。

PITAKA 「Power Dongle for Apple Watch」

PITAKA 「Power Dongle for Apple Watch」

メモ

メーカーさんに提供頂きました。

PITAKA公式サイト

AppleWatch用の充電器は様々なものが販売されていますが、他の充電器と比べてこの充電器は何が違うのでしょうか?

この記事では、PITAKA 「Power Dongle for Apple Watch」のスペックや他のAppleWatch充電器との違いを比較、実機レビューを含めた実際に使った感想を紹介します。

AppleWatch用の小型充電器を探している人は参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

PITAKA Power Dongle for Apple Watchのスペックと特徴

MFI認証
サイズ 39.6×53.9×10mm
重さ 約28g

MFI認証されたAppleWatch用充電器

PITAKAのPower DongleはAppleに認められた証であるMFI認証を取得しています。

AmazonでAppleWatch用の充電器を探してみると、約1,000円〜6,000円と値段はピンきり。安いほうが購入しやすいですが、品質が悪い可能性もあるため、MFI認証されているものだと安心して購入できます。

Nacchi
MFI認証済みの製品は、少し値段が高いのが難点ではありますが…^^;

小さくて軽く、持ち運びしやすい

横幅:39.6mm

横幅:39.6mm

縦幅:53.9mm

縦幅:53.9mm

厚み:10.0mm

厚み:10.0mm

大きさは、39.6×53.9×10と小さく、ケーブルがないためかなりコンパクト。

小さなポケットにも収まるコンパクトサイズ

小さなポケットにも収まるコンパクトサイズ

ガジェットポーチの小さなポケットにも収まります。

重量は28g

重量は28g

重さもわずか28gと軽いので、荷物になりません。

Apple純正の充電器も同じ28gですが、ケーブルがあるのでかなりごちゃごちゃします。なので、持ち運びにはPower Dongleのほうが圧倒的に便利です。

PITAKA Power Dongle for Apple Watchの同梱物

Power Dongle for Apple Watchの同梱物

Power Dongle for Apple Watchの同梱物

  • Power Dongle本体
  • クイックスタートガイド
  • PITAKA製品カタログ

同梱物はこんな感じでかなりシンプル。

説明書ももちろん入っていますが、充電器なのでUSB-Cポートに接続するだけで使えるため、注意書き以外は読まなくてもすぐ使えると思います。

PITAKA Power Dongle for Apple Watch実機レビュー

PITAKA Power Dongleは、AppleWatchをマウントする部分以外はスケルトンのオシャレなデザイン。

裏面にPITAKAのロゴ

裏面にPITAKAのロゴ

Nacchi
Apple製品向けのアクセサリーって、ブラック、ダークグレー、シルバーとかが多いので、違った雰囲気を味わえるのでいい感じです。
磁石で脱着できるカバー

磁石で脱着できるカバー

USB-Cのコネクタ部分には磁石で脱着が可能なカバーが付いています。

コネクタがむき出しだと、かばんの中で引っかかったり、間違って負荷をかけてしまって歪んだり折れたりすることがあるので、カバーがあるのは助かります。

取り外したカバーは…

取り外したカバーは…

磁石で反対側にくっつく

磁石で反対側にくっつく

取り外したカバーは反対側にくっつくようになっていて、紛失しづらいように工夫されています。

Macbookに接続した様子

Macbookに接続した様子

ケーブルが無いので、Macbookに接続しても省スペース。

MacbookでAppleWatchが充電可能

MacbookでAppleWatchが充電可能

こんな風にスマートにMacbookでAppleWatchが充電できます。

自宅で充電する場合は不要だと思いますが、出先で急遽AppleWatchの充電が切れたときにパパッと充電できるのでかなり便利です♪

PITAKA Power Dongle for Apple Watchと他のAppleWatch充電器の比較

PITAKA

Power Dongle for Apple Watch

Anker

Portable Magnetic Charger

Satechi

USB-C Apple Watch 充電ドック

Apple

AppleWatch磁気高速充電

外観
MFI認証
接続 USB-C USB-C USB-C USB-C
(ケーブル長1m)
サイズ 約39.6×53.9×10 約50×39×11 約43.9×50.8×11.4 -
重さ 約28g 約25g 約31g 約28g
価格(※1) 6,499円 4,190円 4,999円 4,587円

メモ

※1:2022年1月22日現在のAmazonでの価格

PITAKAとApple純正のものしか所持していないのは申し訳ないですが、他社製のDongleタイプのものを合わせてまとめてみました。

すべてMFI認証を受けているので品質がよく、大きさと重さもそこまで大差ありません

価格面と純正品という意味を考慮するとAppleのものでも良いですが、ケーブルがある分かさばるので、旅行時にはコンパクトに収まるドングルタイプの方がおすすめ

そのたえ安さを重視するならAnkerのPortable Magnetic Chargerが良いでしょう。

PITAKA Power Dongleは少し割高ですが、セットでお得に購入できるので、PITAKAの製品でブランドを統一したい人ならこの方法で購入しましょう。

PITAKA Power Dongle for Apple Watchを実際に使ってみた感想

ここからは、僕が実際にPower Dongleを使ってみた感想を、良い点と不満な点を含めて紹介します。

旅行のお供に最適なAppleWatch充電器

USB-C接続は使いやすい

USB-C接続は使いやすい

このAppleWatch充電器の良い点は、USB-C接続なところ。

USB-AタイプのAppleWatch充電器もありますが、最近のMacbookにはUSB-Cしかないため、それでは直接Macbookに接続して使えません。

iPadに接続した様子

iPadに接続した様子

モバイルバッテリーに接続した様子

モバイルバッテリーに接続した様子

それに対しUSB-Cタイプなら、USB-Cポートを搭載したiPadやモバイルバッテリーにも接続が可能。

iPadでAppleWatchを充電

iPadでAppleWatchを充電

モバイルバッテリーでAppleWatchを充電

モバイルバッテリーでAppleWatchを充電

こんな風にiPadやモバイルバッテリーでAppleWatchが充電できるようになります。

将来的iPhoneがUSB-CになればiPhoneでもAppleWatchが充電できるようになるので、万が一の電池切れを恐れる必要がなくなります。

MagEZ Standとの相性も抜群

MagEZ Standとの相性も抜群

以前紹介したMagEZ Standと組み合わせると、こんな風にスマートなセットアップが可能。

こちらもCHECK

ワイヤレス充電搭載のタブレットスタンド「PITAKA MagEZ Stand」
PITAKA MagEZ Standレビュー。ワイヤレス充電対応、磁力でくっつくタブレットスタンド

続きを見る

独特なデザインがオシャレなPITAKAのAppleWatch用バンドもレビューしているので、気になる人はこちらも合わせて読んでみてください。

こちらもCHECK

デザインと機能性に優れたAppleWatchバンド「PITAKA カーボンファイバーウォッチバンド」
PITAKA カーボンファイバーウォッチバンドレビュー。ワンタッチで脱着できる高級バンド。

続きを見る

拡張性があるのがナイス

MagEZ Slider:前面

MagEZ Slider:背面

メモ

画像は公式サイトより引用

PITAKAには、iPhoneとAirPodsが同時充電できるMagEZ Sliderという製品があるのですが、Power Dongleはこの製品との連携が可能。

iPhoneの充電部分は取り外し可能なモバイルバッテリーになっているため、1つで4つのデバイスを充電できるアイディア製品です。

AmazonならPower Dongleとのセット販売もあるので、Apple製品をまとめてワイヤレス充電したいひとはセットで買ったほうがいいと思います。

価格がもう少し安ければ完璧

コンパクトで拡張性もある便利なPower Dongleですが、唯一の欠点はAppleWatch充電器の中でも比較的高額なこと

MFI認証済みの他社製AppleWatch用充電器は、4,000円〜5000円代ですが、こちらは6,000円台なので、ユーザにとっては安いヤツのほうがいいと思います。

ただ、前項で紹介したMagEZ Sliderとのセット購入なら約1,500円以上安く変えるので、価格差は気にならなくなります。なので、できるだけセット品を購入することをおすすめします。

まとめ

  • PITAKA Power Dongle for AppleWatchは、小型で持ち運びに適したAppleWatch充電器
  • 出先での充電や旅行時の利用に便利
  • MagEZ Sliderとのセット購入でより安くお得に購入できる

今回は、PITAKA Power Dongle for AppleWatchを紹介しました。

AppleWatchって便利なんだけど、毎日充電しないと使えないため、旅行時には充電器の携行が必須です。

CIOのモバイルバッテリー

CIOのモバイルバッテリー

でも、純正の充電器はケーブルが邪魔になるので、これまではCIOのモバイルバッテリーを使っていました。

これでも十分事足りていたんですが、PITAKAのPower Dongleのほうがより小さくて軽いので、今後はこれを旅行時に使っていこうと思います。

出張が多く、荷物をできるだけコンパクトに軽くしたい人は、使ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スマートウォッチ
-

© 2023 なちブガジェット Powered by AFFINGER5