高音質のママ無線充電に対応したワイヤレスイヤホン「Soundpeats Sonic Pro」
製品名Sonic Pro
ブランド名Soundpeats
商品画像
商品説明マツコの知らない世界でも紹介された、1万円以下で買えるコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン。 ワイヤレス充電対応、ケースと併用で最大35時間も使える長時間バッテリーが魅力。ただし低音は弱い。
レビュー(3.5)

イヤホン/ヘッドホン

【Soundpeats Sonic Proレビュー】ワイヤレス充電対応でより便利に

以前紹介したワイヤレスイヤホン「Soundpeats Sonic」。

こちらもCHECK

15時間連続再生ができるワイヤレスイヤホン「Soundpeats Sonic」レビュー
SOUNDPEATS Sonicレビュー。15時間再生に対応したコスパ抜群のワイヤレスイヤホン【PR】

続きを見る

価格の割に重低音がしっかりしていて、EDMなどベース音がしっかりしている音楽が好きな僕にぴったりなワイヤレスイヤホンなのですが、それの上位版が出ました。その名も「Sonic Pro」。

さすがに買いすぎたのでワイヤレスイヤホンはもういいかな…と躊躇しましたが、Proというのが気になって結局買ってしまいました(笑)

Sounpeats Sonic Pro

Sounpeats Sonic Pro

カラーがシルバーからダークでシックな感じになり、高級感がました本製品ですが、音質は性能はどのように変わったんでしょうか。

この記事では、前機種「Sonic」とのスペックの違いや、実際に使ってみた感想を紹介します。

SonicとSonic Proのどちらを買おうか迷っている人の参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Soundpeats Sonic Proのスペックと旧製品との比較

製品名 Sonic Pro Sonic
外観
Bluetooth 5.2 5.2
駆動方式 デュアルBAドライバー ダイナミックドライバー
コーデック SBC、 AAC、AptX Adaptive SBC、 AAC、AptX Adaptive
ノイズキャンセリング 音声通話のみ(CVC) 音声通話のみ(CVC)
ワイヤレス充電 対応 非対応
最大通信距離 10m 10m
連続使用時間 最大15時間 最大15時間
充電時間 イヤホン:約1.5時間
ケース:約2時間
イヤホン:約1.5時間
ケース:約2時間
充電ケースの
イヤホン充電回数
2回 2回
防水性能 IPX5 IPX5
サイズ イヤホン:20.5 x 18.3 x 27.2mm
ケース:61 x 38.9 x 34.7mm
イヤホン:20.5 x 18.3 x 27.2mm
ケース:61 x 38.9 x 34.7mm
重量 イヤホン:約6g x 2
ケース:約47g
イヤホン:約6g x 2
ケース:約47g
価格 6,880円 4,980円

Sonic Proのスペックはこんな感じ。

旧製品のSonicと比べてみましたが、駆動方式とワイヤレス充電に対応したこと以外は大きな違いはありません。

Nacchi

駆動方式によって音質に違いがあるようですが、音質にそこまでこだわらない僕の耳では違いはわからないかも…後ほど検証してみたいと思います。

SonicとSonic Pro

SonicとSonic Pro

見た目はこんな感じで、グレーっぽい色から、黒にラメのある大理石のようなカラーになり、高級感が増しています。

SonicとSonic Proの充電ケース横

SonicとSonic Proの充電ケース横

SonicとSonic Proの充電ケース上

SonicとSonic Proの充電ケース上

充電ケースを比べてみても、形や大きさは全然変わりません。

イヤホンだけ入れ替えてみた

イヤホンだけ入れ替えてみた

イヤホンとケースの中身を交換してみましたが、全然違和感ないですね(笑)

形状が一緒なので充電も可能。なので、万が一Sonic Proの音が気に入らなかった場合は、ケースだけ交換してワイヤレス充電対応のSonicを使うということもできそうです。

Soundpeats Sonic Proの同梱物

Soundpeats Sonic Proの同梱物

Soundpeats Sonic Proの同梱物

同梱物 Sonic Pro本体
充電ケース
充電ケーブル
(USB-C to USB-A)
イヤーピース(S、M、L)
延長保証カード
取扱説明書

同梱物はこんな感じで、一般的なワイヤレスイヤホンと同じものが入っています。

充電用のUSBアダプタは同梱されていないので、別途用意する必要があり。入力は5V=1Aなので、低電圧にも対応している充電器を使いましょう。

Nacchi
iPhone純正の充電アダプタは5V=1Aなので、iPhoneユーザの方はそれを使ってください。
側面にLEDインジケータと物理ボタン

側面にLEDインジケータと物理ボタン

イヤホン側面にLEDインジケータと物理ボタンがあるのもSonicと変わりません。

AppleのAirPodsが発売されて以来、タッチパネルでの操作が一般的なワイヤレスイヤホンですが、Sonicシリーズはご操作の少ない物理ボタンを搭載。

Nacchi
タッチパネルよりご操作が少ないので、僕はこっちの方が好みです。
T2とSonic Proのケース比較

T2とSonic Proのケース比較

T2とSonic Pro

T2とSonic Pro

強力なノイキャンが特徴のSounpeats T2と並べてみるとこんな感じ。

若干の光沢やツートンカラーが目立つので、Sonic Proのほうが高級が感があります。

T2とSonic Proのイヤホンの違い

T2とSonic Proのイヤホンの違い

どちらもカナル型イヤホンですが、T2の方は耳に入る部分が短く、Sonic Proのほうがより長くなっています。

耳に入る部分が長いほうがフィット感が得られやすく、ズレににくいのでSonic Proのほうが個人的には好み。

ただ、耳の穴が小さい人は中に入らず、フィットしづらいかもしれません。

Soundpeats Sonic Proのペアリング方法

Sonic Proのペアリング方法

Sonic Proのペアリング方法

  1. ケースから取り出してペアリングモードにする
  2. デバイスで「SOUNDPEATS Sonic Pro」を探してペアリング

ペアリング方法もSonicと同様に、一度充電ケースから取り出す必要があります。

Nacchi
ケースを開けただけでペアリングモードになってくれたらより便利なんだけどな…
10秒長押しでリセット

10秒長押しでリセット

物理ボタンを10秒間長押しするとリセットもできます。

ほとんど使うことはないと思いますが、ペアリングされているはずなのに音が聞こえないときや、音声がとぎれとぎれのときなど、何かしら接続に問題があるときは必要になりそう。

Soudpeats Sonic Proの操作方法

物理ボタンでいろんな操作が可能

物理ボタンでいろんな操作が可能

Sonic ProもSonic同様に物理ボタンを搭載しており、耳元にで様々な操作が可能です。

電源オン 自動:充電ケースからイヤホンを取り外す
手動:マルチボタンを約1.5秒間長押し
電源オフ 自動:充電ケースに収納
手動:マルチボタンを約8秒間長押し
再生/一時停止 手動 マルチボタンを1回押す
音量ダウン L側のマルチボタンを2回押す
音量アップ R側のマルチボタンを2回押す
曲戻し L側のマルチボタンを約1.5秒間長押し
曲送り R側のマルチボタンを約1.5秒間長押し
着信受話/通話終了 マルチボタンを1回押す
着信拒否 マルチボタンを約1.5秒間長押し
通話切替え マルチボタンを約2秒間長押し
手動でペアリング マルチボタンを5秒程度長押し
音声アシスタント R側のマルチボタンを3回押す
ゲームモード L側のマルチボタンを3回押す
インジケータ オン/オフ マルチボタンを4回押す

操作方法はSonicと殆ど変わりませんが、イヤホン本体のインジケータのオン・オフができるようになりました。

Nacchi
でもこの機能って使わない気がする。光ってたほうがかっこいいしね…

Soundpeats Sonic Proを実際に使ってみた感想

ここからは、Sonic Proを実際に使ってみた感想を、良い点と不満な点を含めて紹介します。

サイズや重量、形状はSonicと変わらないため、フィット感などの感想はあえて除外しています。気になる人は、Sonicのレビューを読んでみてください。

こちらもCHECK

15時間連続再生ができるワイヤレスイヤホン「Soundpeats Sonic」レビュー
SOUNDPEATS Sonicレビュー。15時間再生に対応したコスパ抜群のワイヤレスイヤホン【PR】

続きを見る

音質:◯ でも低音が弱くなった

Sonic同様に高音質で、すでに高級なイヤホンを持っていない限り十分満足できるレベル。

でもSonicより明らかに低音が弱くなったので、EDM好きで重低音を聞きたい僕としてはちょっと残念…

逆に言えば、音のバランスが良くなったので、低音をそこまで重視しない人ならいいかもしれません。

Nacchi
デュアルBA搭載で、Sonicより高音質に!ということを謳っていますが、そこまで音質に拘りのない僕の耳では、正直違いをそこまで感じられませんでした…

ワイヤレス充電対応はナイス!でも、プラス約2,000円の価値はないかも…

ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電に対応したのでより充電が楽になりました。

ただ、音質の違いをそこまで感じられなかった僕にとっては、両者の違いはワイヤレス充電の有無なので、約2,000円払ってまで買う必要はないかなというのが率直な感想。

そんなに強力じゃなくてもよいからノイキャンがついていたらな…と思いました。

まとめ

  • Sonic ProはデュアルBA搭載でコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン
  • Sonicとの最大の違いはワイヤレス充電対応の有無。音のバランスは良いけど、低音が弱くなった

Sonicがかなり良い製品だったので、あまり違いを感じられない結果になってしまいました…

Nacchi
Proという名前が気になって、ハードルを上げすぎてしまった僕の失敗かもしれませんね^^;

なので、すでにSonicを使っている人なら、ワイヤレス充電をどうしても使いたい人じゃない限り買い換える必要はないと思います。

一方でワイヤレスイヤホンとしては、価格の割に高音質かつ、ワイヤレス充電も対応しているコスパの良い製品なので、これからワイヤレスイヤホンの購入を考えている人にはめちゃめちゃおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イヤホン/ヘッドホン
-

© 2021 なちブガジェット Powered by AFFINGER5